日本語パートナーズ記@マニラ

日本語パートナーズ フィリピン3期として9カ月間の活動を経験。大学では国語学を専門にやっていましたが、キャリア的には背水の陣。

このブログについて(改訂版)

 日本語パートナーズの内定をいただき、2016年7月から2017年3月までフィリピンに行ってまいりました。

 

 このブログでは、フィリピンでの生活や日本語教育の実態、その他滞在中に僕ことchihariroが考えたことを発信してきました。

 

 出発までの記事としては、僕が日本語教育に関連してどういった経験を持っているか、パートナーズ応募の経緯、その選考過程、そして派遣前研修の話をそこはかとなく書き綴っています。

 また帰国後につきましては、日本語教育を中心とした分野について思うところ、及び新たに知ったこと・勉強していることについてお伝えできればと思っています。

 

 つまりこのブログの趣旨としては、「活動の内容を広く知ってもらいたい!」というものと、「これから応募する人に情報を提供したい!」というものとの2つが大きくあるということです。情報伝達にとどまらず、読んで楽しめる文章を書いていくことを目標としたいです。

 

 各記事には僕の主観でもってカテゴリ*1を与えておきました。日本文化にかかわることならば「日本の話」、フィリピンでの生活や文化についてのことならば「フィリピンの事情」といった具合に、知りたい内容に応じて記事をピックアップできるようにしてあります。フィリピン派遣中の記事を全部表示したい方は「IN THE PHILIPPINES」からどうぞ。

 なお「chihariroの話」というのは、あまりにも個人的な記録やブログとしてのお報せだったりしますので、特段見る必要はないかもしれません。

 

 文章を書くこと自体は好きですので、ポートフォリオとしてみればそれなりの価値を見出せるくらいの分量は貯まっているかと思います。よければご高覧ください。

 

  chihariroについて知りたい方(いなかったりして)はchihariroは何者かをご参照ください。

*1:という名前でこそありますが、ひとつの記事に複数付していますのでタグと言ったほうが正確かもしれません。

思い出す事など④

 僕は未だこれといった肩書がございませんで、まして日本語教師では決してないのですが、振り返ってみると日本語学習者とはかなりかかわってきたように思います。

 この場合、生業ではないので正確な表現でないことは百も調子ですけれど、それなりの経験をしてきたがための「職業病」めいたものにもかかってしまったようです。その最たるものは話し方についてのもので、気づいたら学習者にわかりやすい日本語を話すようになってしまっていました。

 

続きを読む

てさぐりタガログ語の記憶

 外国語を習得する目的やモチベーションは人によってあり方がさまざまでしょう*1。仕事のためにイヤイヤ勉強する人もありましょうし、学習の過程そのものが楽しくて仕方ないという方は極めて幸せなことと思います。

 僕の場合は、もちろん海外に行きたいとか外国の人と関わりたいとかいうこともありますが、もっとミクロな視点でいうと「ジョークが理解できないのがイヤだから」というのがだいぶ大きいです。フィリピンで生活をし始めて、頭の1-2ヶ月が非常につらかったのは、タガログ語が分からないが故に、周りの人たちの笑っているポイントが共有できていなかったことにあると思います。

 

 個人的な学習の理由はさて措き、僕は言語を学習していくうえで、要素を多く含んだ例文を活用する方法が良いと思っています。単語だとか文型とか、学習において覚えることは多いですが、それらをそのまま丸ごと覚えられるほど僕の記憶容量は確かじゃありませんので、できるだけ「お得」な方法を好んでいるわけです。

 

*1:モチベーションの上げ方ということでは、かつて千野栄一『外国語上達法』等、モチベーションを上げる読書でも言及しました。よければご参照ください。

続きを読む

ある不吉な塊

 日本に帰ってきてから、僕は重い腰を上げて就職活動を開始しました。学生時代には大学院進学しか考えておらず、またそもそも教員志望で大学に入ったわけですから、エントリーシートを書いて数回にわたる面接を受けて……という類いの就活然とした就活はどうにも厳しいと思っていました。

 でまあ、日本語パートナーの経験を活かせるところが望ましいのは言うまでもないことですから、わかりやすく日本語学校をあたってみることにしました。折よく講師兼事務というまずまずなポストの募集が近郊の学校でかかっていましたので、さっそく応募して面接を受けることとなったのでした。

 

 先に言っておきますが、本記事はあくまで個人的な体験と感想に終始していまして、日本語教育業界その他の広域に批判を述べるものではございません。多少語気は強くなりますが、社会的不適合な若者の不満にすぎないとあらかじめご了承ください。また、特定を避けるために(されたって大きく困りゃしませんけどね)若干持って回った言い方とか、若干事実と異なる記述とかを設けますが、内容自体は実際あったことに違いありません。この点もご理解いただけると幸いです。

 

続きを読む

思い出す事など③

 カガヤンデオロ(CDO)へ行った時のことです。

 記事としては滞在199日目:カガヤンひとり旅①あたりからご参照いただけるとありがたいですが、パートナーの仕事としてというよりは、どちらかというとバカンスめあての遠征でした。まあ結果としてはCDOの2校で授業を手伝うことができたので、活動と言って後ろめたいところはありません。先の記事にも書きましたように、僕にはとりたてて得意とする「持ちネタ」があるわけではなかったので、比較的準備も容易で楽しめる「ふろしき」をテーマに選んだ次第です。

 

続きを読む